【2018年最新版】「海淘」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

『海淘(ハイタオ)』とは、中国で急成長しているインターネットショッピングの方法です。文献では

中国本土の個人消費者が海外サイトで販売されている商品を、直接、またはソーシャルバイヤーに代理で購入依頼して輸入する。(2013年中国文献翻訳)
と記載されていますが、2018年現在、海外の商品を購入する事全般を指して多く使用されています。
2013年から2018年の約5年間で、1800万人→8800万人とユーザー数が約5倍に増えています。

『海淘』の市場規模

『海淘』つまり中国消費者の海外商品購入の具体的な方法は、「訪日購入」と「中国オフライン」を除くと、3つに大別できます。

①淘宝などC2C
②海外のECからの購入
③B2C越境EC

①で人気を博した商品が③のプラットフォームに進出し、中国での需要の増大に対応する流れになっていて、人気商品は特に「③B2C越境EC」での販売シェアが拡大している傾向にあります。

ただし、①の市場は、特にプロダクトライフサイクルの黎明期では重要なマーケットで、取扱では③を大きく上回っています。③のバイヤー達が①での販売動向を仕入れの指標にしているため、特に商品投入時は①が最重要となっています。

②海外のECからの購入に関しては詳細なデータが存在しませんが、2017年4月に経済産業省は中国からの②の取引総額は年間1兆円を突破したことを発表しています。中国越境ECの中での市場規模(②は除く)は「①淘宝などのC2C」が全体の40%、「③B2C越境EC」が全体の60%ほどのシェアとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご不明点などお気軽にご相談ください

 

関連の記事一覧