北海道インバウンドデータ【2018年最新版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

インバウンド市場の順調な拡大に伴い、東京・大阪といった定番都市以外を訪れる訪日外国人客が増え、多くの地域にチャンスが拡大しています。そんな中、訪日外国人客から人気を集めており、インバウンド消費が期待されているのが北海道です。北海道は、2020年度を目途に訪日外国人観光客500万人の来道を目標として掲げています。それでは、注目の最新北海道インバウンドデータを紹介します。

北海道インバウンドデータ2018

北海道インバウンドデータ-外国人延べ宿泊数(2018年2月)

北海道インバウンドデータのうち、北海道に宿泊した外国人を、国別にて集計しました。北海道に宿泊した訪日観光客数(2018年2月時点・JNTO調べ)は、1位中国、2位韓国、3位台湾、4位香港と続いています。北海道に宿泊した訪日外国人のうち、中国人が全体に占める割合は3割を超えており、特に中国・台湾・香港の3地域で5割近くを占める結果となりました。

北海道インバウンドデータで国別旅行者1位が中国人である理由

北海道が中国人から人気を集める理由は何でしょうか?要因として考えられるのは、2008年の、北海道を舞台とした中国映画「狙った恋の落とし方。」です。この映画の大ヒットによる、北海道への「聖地巡礼」ニーズは根強いです。また、中国の南方では雪が降らないので、雪を見たことがない中国南方出身者が、雪を体験する目的で冬の北海道を訪れるニーズも無視できません。

・北海道に宿泊する訪日観光客数は、中国が1位
・中国・台湾・香港の3地域で5割近
・目的は大ヒット中国映画の聖地巡礼/南方出身者は、雪が見たい

北海道胆振東部地震の北海道インバウンドデータへの影響

しかし2018年9月6日以降、北海道胆振東部地震の影響による宿泊予約キャンセルが相次ぎ、北海道インバウンド消費の冷え込みが懸念されました。北海道を訪れる観光客数が最も多い中国において、旅行先としての北海道に対する評価・魅力度は、どのように変化したのでしょうか?

北海道インバウンドデータに影響する?「ふっこう割」

観光庁は地震の対策として、熊本地震時と同様に、「ふっこう割」として北海道への旅行に対し補助金を支給することを2018年9月28日に発表しました。具体的には、道内に1泊以上する旅行商品・宿泊に対し補助(1泊あたり上限2万円、最大3泊)を行うもので、特に訪日外国人客に対しては、宿泊料金を最大7割引(上限5泊)すると発表しています。

北海道インバウンドデータに影響?「ふっこう割」中国人の反応

それでは、北海道インバウンド消費に影響を及ぼすであろう中国人は、このニュースをどう受け止めているのでしょうか?実は中国でも話題となっており、微博(Weibo、ウェイボー)上では「ふっこう割」関連投稿が約100件、ホットトレンド記事のアクション総数は20万を超え(2018年10月3日時点)ています。

北海道「ふっこう割」中国人の反応(個人)

個人アカウントでは、「北海道に行きたい」「お得」「遊びたい」といった、ポジティブなコメントが目につきます。

北海道「ふっこう割」中国人の反応(企業)

中国の海外旅行関連会社は、10月中旬までには「ふっこう割」を適用した日本向け旅行商品の販売をスタートさせようとしています。また中国の観光メディアも中国人ユーザーから多数の問い合わせを受け、「ふっこう割」での北海道旅行について説明しています。

地震後も北海道インバウンド需要は根強く、中国人客に対し、適切な日本の情報を届けるのが近道であると考えられます。

北海道地震後の「ふっこう割」、中国でも注目を集める

北海道インバウンドデータ-中国人宿泊者数-月別構成比率(2016年~2017年)

北海道といえば、四季の変化に富んだ日本の中でも、季節による気候の変化、景色の変化が鮮明にイメージできる地域です。では、北海道に最も多く宿泊する訪日外国人である中国人からは、どの季節が人気なのでしょうか?北海道インバウンドデータを紹介します。



北海道インバウンドデータ(中国人月別宿泊比率)から見ると、例年冬が圧倒的です。これは、データから見ると、2月春節、4月桜、7月夏休、10月国慶節という中国人の典型的なインバウンドデータ全体の傾向から見ると、北海道だけが独特の動きをしているのが分かります。前述のとおり、「雪を見たい」という、他地域には見られないニーズがあることの表れでしょうか。

北海道インバウンドデータ2018まとめ

北海道インバウンドデータによれば、北海道を最も多く訪れる訪日外国人は、中国人です。北海道胆振東部地震の対策として、観光庁が発表した「ふっこう割」は、そんな中国人の注目を集めています。北海道インバウンドデータでは、北海道を訪れる中国人が最大になるシーズンが、冬となっています。これから、中国人の北海道インバウンド需要の対策は、十分に行う価値があります。FindJapanでは、中国人消費者を理解し、情報を届けるためのマーケティング手法と販売チャネルについて、事例を交えて詳しくご説明しております。ご不明点などございましたら、お気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ご不明点などお気軽にご相談ください

 

関連の記事一覧